子犬のしつけ   -トップページ

パピヨンをしつけるにあたって大切なこと 子犬のパピヨンはもともとスポーティングドッグであるため、
しつけのしやすい犬だと言われています。


訓練性に優れている為、色んな事を覚えさせるのに
苦労の少ない犬種です。

パピヨンを上手にしつけるコツは、うまくできたら
しっかりと褒めてあげる事です。


そして反省をさせる時には無視をする事です。
このときに体罰や叱ったりすると逆効果になってしまいます。
パピヨンは飼い主に褒められるととても喜びます。


褒めている事をきちんと伝えるために、体を撫でてあげると効果的です。
この時に「すごいすごい」や「よしよし」などと声をかけながら撫でると、
その言葉だけで自分がほめられていると認識します。

信頼関係を築く


うまくできたら褒めるという繰り返しで、パピヨン
何をしたら褒められるかを学習して
次も同じ事をするようになります。

逆にパピヨンが飼い主の意に反したり、
うるさく何かを要求するようなことがあったら
きっぱりと無視をしないといけません。


パピヨンに限らず子犬は自分の要求が通ると、
自分がリーダーであると勘違いしてしまいます。
飼い主は子犬を無視して部屋から立ち去ったり、子犬がついてきたら振りきって
また別の部屋にいくなどして、強い気持ちで対応することが重要です。

マナーとして


どうしても愛犬が悪い事をしてしまうと大声で怒鳴ってしまいがちですが、
これは全く効果がないといわれています。

パピヨンなど子犬はとにかく褒めることが大切です。
この事を十分に理解して、しつけをしていく必要があります。

■のぼり旗を注文するの巻