お迎えした後に悪い癖が見つかることもある

パピヨンをしつけるにあたって大切なこと パピヨンをブリーダーからお迎えした後に、悪い癖が発覚してしまうこともあります。事前に対面したときには何事もなかったのに、家にやって来てから噛み癖があることに気づくことは少なくありません。

生活に慣れるまでの一時的なもの、子犬のうちだけの一時的なものと考えてしまう人は多いですが、そのパピヨンに悪い癖が染みついている可能性もあります。

小型犬ではあるものの、成長することで少しは力が強くなってしまうものなので、早いうちに改善しておくことが大切です。

早めのしつけ

早い段階でしつけを行っておかなければ、家族が頻繁に噛まれてしまうだけではなく、散歩中に出会った犬や人に噛みついたり、来客に襲いかかったりする可能性がないとは言い切れません。

周囲に迷惑をかけてしまいますし、大怪我に繋がる可能性もあります。
大切な愛犬が周囲から嫌われる原因となる恐れもあるので、リスクを回避するためには
パピヨンの噛み癖をなるべく早く治しておくことが大切だと言えるでしょう。

引き取ってから問題に気がつくケースは少なくありませんが、もしそうなったとしても
適切な行動を起こすことができるように正しい知識や心構えを持っておくことが大事です。

しつけ教室の利用で問題が解決できることもある

噛んでしまうという問題を抱えているパピヨンは、しつけ教室に通わせることによって
問題が解決できる可能性もあります。ただし、犬の学習能力は生後3週間から
12週間が最も優れているとされており、このタイミングに学ぶことで効果的に記憶できるケースが多いです。

パピヨンは生後3か月ほどでお迎えすることになるケースが多いので、
早いうちに教室に通い始めなければ定着しづらくなる可能性が高いと言えます。

いつから始めてもきちんと覚える子は覚えますし、なかなか治らない子は治りません。
しかしながら、早ければ早いほど解決できる可能性が高くなることには違いがないと言えます。

しつけを学ぶ

お迎えしたパピヨンに噛んでしまう癖がありそうだと感じたのであれば、
しばらく様子を見るのではなく早めにしつけ教室で相談を行ってみることがおすすめです。

しつけ教室の利用が早ければスムーズに問題を解消できる可能性が高くなるため、
気になった段階で相談をしてみると良いでしょう。パピヨンが噛んでしまう場合は
どうするべきか迷うかもしれませんが、悪い癖が抜けなくなる恐れがあるので、
教室の利用などをすぐに検討するべきだと理解しておく必要があります。