子犬のしつけ   -パピヨンは警察犬としても活躍!

パピヨンをしつけるにあたって大切なこと 意外なことにパピヨンは警察犬としても活躍すると言われています。

パピヨンは、古くは中世のフランス貴族、マリーアントワネットなどにも愛されました。

その忠実な性格と高い集中力を活かして足跡の追跡や
匂いの選別を得意としています。

パピヨンの能力

芝犬のワンちゃんもやはり忠誠心が高く、忍耐強く捜査にあたっています。

パピヨンはその高貴な見た目が有名ですが、中にはサマーカットを施したいと思う人もいるようです。
しかし、一般的にパピヨンは紫外線などの対策のためにあまりサマーカットは行わない方が良いとされています。

そのような無防備な状態では、警察犬としての職務にも影響するためだと考えられます。
中世でも、貴族の良き相棒となっていた犬だけに、警察犬としても高い能力を発揮しています。

これらの犬は一般市民によって訓練され、警察犬として認められたという経緯をもっています。
難しい捜査では、匂いで犯人を追跡したり、足跡が重要な手がかりになります。

しかし、その愛らしい見た目からは想像もできない所が意外さを生み、
周りにも不安を与える事も少なそうです。

大型の犬のように防御や攻撃はできませんが、その集中力と忠誠心の高さを活かして
これからも活躍することでしょう。

パピヨンと遺伝的疾患の関係について

パピヨンは歴史の古い犬種のため、遺伝的疾患はないとされています。
反対に歴史の古い犬種だと遺伝的疾患が多いとされています。

人間と同じで家系(血統)によっては遺伝的疾患を発症する場合もあります。
しかし、人間を見ても分かるようにその頻度はとても少ないと言えるでしょう。

パピヨンも他の小型犬と同じように皮膚疾患を患うこともあります。
サマーカットをして極端に皮膚を露出したり、与えるドッグフードの種類、
そしてストレスのかかりやすい環境で過ごすこともリスクになります。

犬とストレス

それでも、他の犬種に比べて歴史が古く血統背景もよく知られているため、
遺伝的疾患などの心配をせずに安心して飼える犬種として言えるでしょう。

中世のフランスでも愛されていた犬種だけに、その種類や飼い方についても様々です。
寿命は12年から15年ほどと言われています。

日本でも人気のある犬種だけに、正しい知識を身につけて大切に育てたいものです。

あなたのパピヨンが良き相棒となるように、病気や体調管理には気をつけてあげることが大切です。
これほど優れた小型犬をせっかく飼ったのですから、正しい知識を身に着けたうえで
たくさんの愛情を注ぎ、健康で長生きさせてあげたいものです。