ドッグショーの歴史

パピヨンをしつけるにあたって大切なこと犬は猫と同様に人間に飼われ始めてから
かなり長い年数が経っている動物です。

今もペットとして飼う人は非常に多くおり、
犬が好きという方はたくさんいます。

愛犬家

そしてそういったペットを飼う人にとっては
やはり愛犬のことを話題にしたいもので、
可愛いところなどを自慢したくなるのは
当然と言えるでしょう。

そんな犬好きで愛犬を自慢したいという気持ちのあらわれの極致とも言えるのがドッグショーです。
ドッグショーは、そういった愛犬自慢の場が発祥だと言われています。

ドッグショーは、イギリスで愛犬家たちが自分の自慢の犬を連れて
酒場で盛り上がったことが起源だと言われているからです。

まさに犬好きが集う場ということになります。

ちなみにドッグショーが初めて組織だって開催されたのは1859年のイギリスだと言われています。
場所はニューカッスルというところでした。
ただこの初めてのショーは初めてというだけあってルールがきちんと整備されておらず
徹底もできなかったため、トラブルが続出したのです。

問題になる

このため、その後ショーの管理やルールの徹底を目的とした機関としてケネルクラブが創立されます。

それが1873年のことです。
このケネルクラブの尽力もあり、また鉄道などの移動・輸送網の発達も手伝って
ドッグショーは地域的なものからより広域なものへと飛躍的に発展していきます。

そして、20世紀に入るとかなり盛んに様々なところで開催されるようになりました。
それが日本へ入ってきたのは昭和に入ってからです。

明治維新の頃から西洋化が進んだことで日本にも様々な犬種が入ってきてはいましたが、
ドッグショーという形のものが開催された記録はありませんでした。

しかし、1949年にジャパンケネルクラブの前身となる社団法人全日本警備犬協会が
設立されると、翌年である1950年(昭和25年)11月に上野公園池之端で創立記念の
第1回本部展覧会として、盛大にドッグショーが開催されたのです。

以降、ドッグショーは日本でも盛んに開催されるようになりました。
ドッグショーはこれからも犬種の理想とされる犬種標準と比較する
犬種によらない犬の評価方法の体現として、純粋犬種を後世に伝える
重要な役割を果たしていくでしょう。