ブリーダーの素質がある人の特徴

パピヨンをしつけるにあたって大切なことパピヨンに限った話ではありませんが、パピヨンブリーダーには
まず管理能力が問われます。

ブリーダーである以上、複数の子犬の飼育や同種犬の繁殖など
通常の買い方とは異なって希望者にすぐにでも提供できるように
管理しなくてはならないです。

素質

そのうえ子犬の親の情報やそれぞれの犬たちの性格を
把握する必要があります。

パピヨンは基本的に友好的で、それは他の犬種でも遊び仲間として許容できるほどです。

しかし一方で、神経質で憶病なところもあります。しかもオスは人見知りであるものの、
飼い主には甘えん坊で、メスはマイペースというふうに性別で異なる部分がありますが、
そのうえで個々の性格を考慮すればまさに多種多様です。

ブリーダーはそんな多彩な犬たちの性格を完全に把握し、なおかつプロとして
飼い主となる購入者に飼育のアドバイスを提供できるほど知識を深める事が求められています。

また、しつけや病気の容貌など身体的なケアも施さなくてはならないです。

いずれにしても、かなりしっかりしている人ではないと務まりません。

ブリーダーを目指す

他にもこんなところがあります

パピヨン犬を専門的に扱う場合は当然、その特徴を把握しなければならないです。
蝶を彷彿させる耳の形をしている事からパピヨン犬と呼ばれている犬種はフランスが原産国で、
垂れ耳であればファーレンと呼ばれています。

体重は2kgから5kg、毛色は黒と白のまだら模様にブラウン、赤毛など様々です。
いわゆるパーティカラーとトライカラーが特徴的で、愛らしい見た目とは裏腹に丈夫な身体をしています。

病気知らずなうえに環境への対応力が高いため、耐寒性と耐暑性は高いです。
知性は現在確認されている犬種の中でもトップ10内に入るほどで、
人の言葉さえも覚えてしまうと言われています。

そのためしつけは絶対にしておかなくてはならず、甘やかせば我儘になりがちです。

運動能力が高く、好奇心旺盛なところもあります。

前者はともかく、後者は気になったものを何でも口にしてしまうほどであるため、
パピヨン犬が気になりそうなものは事前に片付けておくべきです。